Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女のいない男たち 読みました

村上春樹 著 女のいない男たち を読みました。
よい体験をしたので、話をしたくなりました。
ちょうど良いところに自分でこさえた場所があったので、書きます。
ブログっていいですね。

_______ネタバレはありません。_____________
手に取ると、装丁がすてきです。
そして、当たり前ですが、タイトルから予想するボリュームに比較して、
ほんの少しだけ軽くて薄い。
(ヘミングウェイ的な何か重い・厚い本を想像していました。今思えば)
よく考えたら、短編集ですものね。
ああー、ちょっとしか読めないんだわ。読みたい、でもすぐ読めちゃうなあ。
ちょっと悲しく思いつつ、でも買ったそばから貪るように読み始めました。

短編が6本。

何らかの形で女を喪失した男たちが出てきます。

一人一人が体験した喪失の順序、
喪失に気づくまでのステップ、
喪失によって彼らの身に起きたこと。

一つ一つの事象について、化石を掘り出して、年代を計測し、
粘土で肉付けを行うかのように、話が進行します。

記述の丁寧さに、筆者から登場人物へ注がれる愛情を感じます。
人間という、どうしようもないものへの優しさのように受け取りました。

そして、どのストーリーにも、暴力的な、容赦のない、冷酷な気配が存在します。
平和な住宅地の地下に、実は冷たい暗渠があるような感じで。
その気配は薄く、なめらかに、違和感無いように挿入されていて、
女の喪失が決定的になる瞬間にこつ然と姿を現します。

その仕掛けの鮮やかさ。
友愛と暴力が表裏一体だと気づかされる瞬間、
まるで頭の中を「飛ぶ」ような感覚に襲われます。
この作家さんでなければ味わえないような読書感です。

うまい映画を見たときに感じる「地面からちょっと浮くような」高揚感。
フルコースで6本いただきました。
ごちそうさまでした。
記憶があせたころに、また再読したくなる本でした。

好みで言えば、いちばん好きな話は「ドライブ・マイ・カー」。
印象が強かったのは「木野」です。
あのお店に行ってみたい。猫にお出迎えして欲しいなあ。
「女のいない男たち」は、なんというか、課題的な1編でした。
読み終わってすぐには何かを書けないなあ。


女のいない男たち女のいない男たち
(2014/04/18)
村上 春樹

商品詳細を見る

去年、フランスで電車に乗った

昨年の話ですが、ロンドンとフランスへ旅行に行きました。
そのとき乗ったユーロスターの記事です。

ロンドンでお世話になった、シャーロックホームズホテル。

sherlock_holmes.jpg

朝食が美味しかった。
名残を惜しみつつ、シャーロックホームズホテルから、ロンドンバスに乗ってセントパンクラス駅へ。

stpancras_station.jpg

写真中央、奥にちっちゃく[St. Pancras]の白い文字があります。
全面ガラス張りの近代的な建物でした。

ユーロスター駅の中は国外扱いになるので、パスポートを提示して入ります。
その前に、なんとしてもイギリスのスコーンが食べたかったので、がんばってお店を探しました。
なんとかスコーンを売る店を見つけ、コーヒーとミートパイと一緒に購入しました。
手続きを済ませて、1階の待合室でユーロスターを待ちました。

eurostar_station.jpg


出発は13:31でした。沢山の人が電車待ちをしていました。
写真左手には、ホームへ上がるためのエスカレーターが写っています。

搭乗案内があり、ユーロスターに乗るときがきました。

eurostar.jpg


入り口には美しくEUROSTARの文字が。
左側にちらっと写っているのは雑誌の棚です。

eurostar_door.jpg


出発〜〜〜
スコーンはパイと一緒においしくいただきました。

scone.jpg

満腹〜〜〜

・・・ところが。
しばらくして、軽食が出ました。

eurostar_food.jpg

写真をごらんください。チーズ2種、ライス、フランスパン、チョコレートケーキ。
軽食といっても、かなりのボリューム。

もうすでに、おなかいっぱいなのに・・・

といいつつ、手を出してみると。
このチョコレートケーキが美味しくて!
なんだかんだ言いながら、ぜんぶ食べてしまいました。
コーヒーも2回おかわりをいただいてしまいました。

余った食べ物は、フランスのホテルで夕食にしました♪

ロンドン&パリ旅行・食事編

ながらくご無沙汰していました。

とつぜん旅の記録を記しに戻ってきました。

8月の下旬、9日間かけてロンドンとパリに行きました。
その記録です。

テーマを区切って書いていきます。
最初はご飯から。

ご無沙汰しておりますがマンガを書いていました

突然復帰してすみません。昔の読者様で見ている方も殆どいらっしゃらないと思いますが・・・

相変わらず日本で研究を続けています。
傍ら、アメリカの事も忘れたくないと思って、
マンガを書いています。
年2回しか描かないのでなかなか蓄積されませんが。

コミックマーケットで売る予定です。
2012年12月29日 土曜日 東京ビックサイト
サークル名  間接照明 
サークル配置 東5ホール ミ 04-a

で2種類の本を売っています。
通販はしませんので、ご興味ありましたらぜひ現地までお越し下さい。
121229宣伝

アメリカで好きになったものの話 4

外食編。

○ ファストフード。

アメリカはファストフード店がいっぱいあります。
日本にもファストフード店が沢山展開していますが、アメリカに行ったら、日本のお店は氷山の一角であることが分かりました。

アメリカで好きになったのが、チキンをウリにしたお店です。

一つはChick fil A。ブログでも何度か書きましたが、
ケンタッキーフライドチキンのチキンバーガーばっかり、
何種類もあるようなお店です。

私の好みは、炭焼き風グリルチキンサンドイッチです。
サンドイッチといっても、形はバーガーなんですが。

もうひとつはBo Junglesです。
ケンタッキーフライドチキンとそっくりなものを売ってますが、
違うのがビスケット。
Bo Junglesのビスケットはホロホロでおいしい!
私は大好きでした。
オイリー過ぎてお腹を壊すのが難点。

○ Waffle house

http://www.wafflehouse.com/menu

アメリカのどこにでもあるダイナー。
名前は可愛いし、実際にワッフルも食べられるけど、
実態は労働者の朝昼晩をサポートする食堂です。

ワンプレートに卵2個、ワッフルかトースト、
カリカリのベーコンか、やや焼きすぎのソーセージ、
ハッシュポテトが標準です。他にオムレツやホットサンドをつけることも出来ます。
ワッフルは、ベルギーワッフルと違ってお皿を覆い尽くす大きさが基本なので、
最初に見たときは驚くかも。

ハッシュポテトは、私が知ってる(マクドナルドで見るような)
カリカリしたコロッケタイプではなく、
イモと粉でできたヌードル?を束ねて片面を焼いたもので、
生焼けの部分がヌルリとしており、あまり好きではありませんでした。

このオイリーなプレートにおかわり自由のコーヒーをつけて、
がぶ飲みしながら食べると、身はぐったりお腹ははち切れ、
でも心は暴飲暴食の自由を満喫してハレバレ、のひと時になるのでした。

日曜日の朝に行くと、けっこう家族連れやカップルがいっぱいいて、
和やかな雰囲気です。
店内にはジュークボックスがあって、ベーコンを焦がしていて、
壮年の夫婦が向き合ってコーヒーを飲んでいたりして、
しみじみと、いい雰囲気です。

Appendix

プロフィール

miwacco

Author:miwacco
女、研究者です。
日本で助教しています。

研究テーマは外分泌。
普段は絵を描くこと、自然を楽しむこと、料理して食べることが好きです。
旅行では温泉つきの旅館に泊まるのが好きです。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Twitter

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。