Entries

スポンサーサイト

アメリカで取得した免許を日本の免許に切り替える 5

技能確認試験の日、鮫洲駅から試験場まで歩いて行きました。駅前の路地には、行く先々に「運転試験場を仕事にしている」お店がいっぱいあります。試験場へ行く人を相手として、定食屋さん、代書屋さん、予備校、写真屋さん…あまりにもお店の数が多くて、「私はこのお店にお世話にならなかったけど、果たして免許は取れるものなのだろうか…?」と心配になりました。が、モヤモヤしながらも試験場に着いてしまいました。なんとも落ち...

アメリカで取得した免許を日本の免許に切り替える 4

ほんとうに外免切替の必要があるかたは、下のリンクを参考にされると良いと思います。http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Race/9115/BBSが便利です。どういう場合に切り替えがうまくいくのか、情報収集が出来ます。そのころの私は、いよいよ鮫洲でペーパーテストだ!ということで、問題集を1冊買い足しました。勉強する傍ら、住民票などの書類を揃えました。ペーパーテストは、正確には知識確認試験と言います。練習問題も解い...

アメリカで取得した免許を日本の免許に切り替える 3

外免切替の申請書類を揃えるにあたり、最初にすべきことは、【外国免許証の「日本語による翻訳文」】をJAFに作ってもらうことです。http://www.jaf.or.jp/inter/translation/index.htm【外国免許証の「日本語による翻訳文」】JAFでしか作れない(大使館が代行する場合があるみたいですが)、かつ申請に必須の書類だそうです。取得するには、JAFのビルまで行かくか、380円の返送料を払って郵送してもらう必要があります。返送料が高い...

アメリカで取得した免許を日本の免許に切り替える 脱線

日本で免許を取った人がアメリカで免許を取るのは、凄く簡単です。それが証拠に、留学経験者たちはみな、口を揃えて「実技試験が簡単」だと言っていました。一方、私はとてもしんどいと感じました。では、どこに差があるのか。終わってから分かったことですが、留学経験者の人たちは全員、日本での運転経験があったのです。たった、これだけなんですが。私は運転経験ゼロだったので、まず「運転」が出来なければなりませんでした。...

アメリカで取得した免許を日本の免許に切り替える 1

車を買って半年の間、毎日20分以上運転しました。最初はおっかなびっくり通勤だけ。だんだんスーパーマーケットへ行ったりして、とにかく慣れることをこころがけました。スーパーマーケットやレストランへは、誰かと行くようにして、アドバイスをもらいまくりました。最後は2~3時間の連続運転が出来るようになりました。嬉しかったなー、初めて高速で1時間以上運転した時は...。そのかわり、沢山の同乗者を恐怖に陥れつつの上...

自動車免許をノース・キャロライナで取得した話 10(免許編・完結)

先生がレッスンで使った車をお借りして、試験を受けることになりました。という訳で、試験当日はピックアップ・試験会場まで移動・帰宅もお願い出来てよかったです。いざ試験となると、怖いな~と思ってた相手が、非常に頼もしい人に見えてきました。ヨカッタ、スパルタ指導の恐怖を乗り越えて練習して。(…これぞ喉元過ぎれば、というやつですね)試験会場に着いて、いよいよだなーとドキドキしていたら、奥から優しそうな試験官...

自動車免許をノース・キャロライナで取得した話 9

法律の落とし穴とは、「車を買って乗って来なければ、実技試験が受けられない」のに、「自動車免許が無いと車は買えない」仕組みのことです。前の記事でも触れましたが、試験場は凄く小さいです。http://niehs.blog111.fc2.com/blog-entry-223.html小さくて、しかもショッピングモールの一角にオフィスがあるだけ。日本みたいに、試験用の車があったり、試験コースがあったりする訳ではありません。さらに、アメリカ人にとって、車...

自動車免許をノース・キャロライナで取得した話 8

5回の練習を終わらせた時点で、先生は「このままでは受からないと思う」とコメントしました。私自身も、自信を持って出来ることがミラーと椅子の位置合わせくらいしかないことは自覚していました。先生は、エクストラレッスンを提案して下さいました。3回で164ドル、極めて良心的。こちらのレッスンも受けることにしました。計8回、初回330ドル+エクストラ168ドルで、試験を受けられるようになりました。きちんと走れるようにして...

自動車免許をノース・キャロライナで取得した話 7

当ブログの過去ログを見てみたら、運転の練習をしていたときの記事が見つかりました。(新しいウィンドウで、2008年3月の記事が開きます)http://niehs.blog111.fc2.com/blog-date-200803.html当時は、沢山の方にお世話になって、買い物やお出かけをしていたのですね。改めて、お世話になった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。さて、運転の練習は2回目、3回目と進みました。その度ごとに予約を取り、→ 迎えにきてもらい、→ 練...

自動車免許をノース・キャロライナで取得した話 6

先生はだしぬけに、「ハイ交代」といった感じで、運転を代わるように指示しました。その日はよく晴れた夕方で、練習場所はアパートメントコンプレックスの車まわしのどんづまり。芝生が青く、小さな花が咲き、街路樹が木陰を作っていました。通勤から帰ってくる人もほとんどおらず、怖いくらい静かな環境でした。その時点で気がついたのですが、先生がまったく笑わないのです。愛想笑いが無いのがアメリカ流といえばそうなんですが...

自動車免許をノース・キャロライナで取得した話 5

以前にもちらっと書きましたが、私はアメリカで「教習所」的な施設を見たことがありません。アメリカでは、車の運転を「親に」習うのが一般的で、練習も、公道か、巨大なスーパーマーケットの巨大なパーキングロットで行います。という訳で、筆記試験が受かったら、すぐに公道で練習開始です。運転経験ゼロにも関わらず、公道へ出てしまうなんて、事故になりそう…。内心ドキドキしつつ、自動車学校の先生に連絡を取りました。先生...

美味しいもので頬が痛くなります

手術をしたわけでも、病気をした訳でもないのですが、甘いものを食べると頬が痛くなります。それから、泣くときも頬が痛くなります。頬が痛いのは、唾液腺のせいだと思っています。甘いものを食べるにしても、泣くにしても、体からは唾液や涙といった「水分」がドバーっと出ます。水分を出すとき、唾液や涙を作っている細胞は一時的に縮みます。同時に、血管がパッツンパッツンに膨らんで、水分の供給源になります。大量の水分は、...

自動車免許をノース・キャロライナで取得した話 4

まずメールしてみると、すぐに返信が返ってきました。「hi, Miwacco(最初から親しげ)。うちを選んでくれてありがとウ!まずはlearner's permit (日本でいう筆記試験)を取ってから、予約を取って下さい。連絡待ってるよ。」…とりあえず、気さくな感じだと判断しました。なお、learner's permitを取るにも車が無いので、自転車で試験場まで行き、ヘトヘトになりながら試験を受けて、またヨタヨタと帰ったのでした。筆記試験自体はと...

Appendix

プロフィール

miwacco

Author:miwacco
女、研究者です。
日本で助教しています。

研究テーマは外分泌。
普段は絵を描くこと、自然を楽しむこと、料理して食べることが好きです。
旅行では温泉つきの旅館に泊まるのが好きです。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Twitter

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。